Posts tagged: 英会話

ネイティブの話す速さに慣れる

 

日本で習う英語は遅すぎます!

 

 

日本の英会話学校などで教えている英語の平均的なスピードは分速90語。

 

それに対して、ネイティブがふだん話しているスピードは、なんと分速580語程度だそうです。

 

自転車と新幹線くらいのスピード差がありますね。英語の場合、話すスピードが速くなるとリエゾンなどが起こり、音が別物に変わってしまいます。そのため、ゆっくりしたスピードの英語しか体験したことがないと、ネイティブレベルの速い英語は全く理解不能になってしまうのです。

 

一般的に言って、TOEICのナレーションを「すごく速い」と感じる日本人はそうとうに多いと思います。でも、TOEICのスピードは分速150語です。英会話学校で習う英語よりはかなり速いですが、ネイティブはさらに4倍近く速いスピードで話しているのです。

 

そうしたネイティブたちと会話をしたければ、とにかくネイティブの速い英語に慣れるしかありません。単語やフレーズを覚える時に、ゆっくり発音した音だけでなく、速い発音の音も十分に体験しておくことです。

 

Hapaトラベル英会話にはネイティブが普通に話す英語が出てくるので、何回も聞いて慣れておきましょう。

 

 

日本人が英語を話せない理由

 

日本人がなかなか英語を話せるようにならない理由は2つ

 

● 文法的に正確な英語でないと駄目だと思っている
● 単語やフレーズの勉強ばかりしている

 

つまり、英語の苦手な日本人は、単語やフレーズといった「部品」から、英文法という「ルール」を使って英文を組み立てようとしてしているのです。ロジックで英作文をしようとするので、それはそれはタイヘンです。

 

そして、仮に英文が頭の中で出来上がったとしても、それが通じる英語かどうかがわからないから、自信をもって口に出すことができません。自信がなければ積極的に会話できないので、英会話の練習量がなかなか増えません。いつまでたっても、英語がペラペラにならないわけです。

 

こうした間違った学習法を多くの日本人が行っているのは、やっぱり、典型的な学校英語の勉強法の弊害でしょう。

 

自分がどうやって日本語をしゃべっているのかを考えてみればすぐにわかりますが、単語から文法を使って日本文を組み立ててなんかいません。みんながしゃべっている言い回しが頭に入っていて、何となくそれを真似ているだけですよね。

 

日常英会話の学習に文法の勉強は要りません。典型的な英会話の言い回しを真似ていくことが大事です。真似をするべき英文が頭の中に入っていれば、それが通じる英語かどうかなんて考える必要はありません。通じるに決まっているんですから。

 

典型的な英会話の言い回しというのは、日常生活の場面ごとに覚えると楽です。レストランに入ったら、レストランでよく使われる英文が役立つに決まっています。それらを真っ先にマスターしてしまうのです。

 

こうした学習法は、英会話初心者にとって上達の近道なんです。

 

具体的な教材としては【Hapaトラベル英会話】がぴったりです。
この教材、マクドナルドやスタバのシーンもあるんですね。

 

Hapaの詳細はこちらをクリック

 

 

 

WordPress Themes